無題ドキュメント

トロヤン陶器の工房風景[ブルガリア]


こんにちはラクダ印食器店です。
今回ご紹介する器はブルガリアのトロヤン陶器です。

ブルガリアはギリシャやトルコと隣接した位置にあります。
真っ先に浮かぶのがヨーグルトと琴欧州さんでしょうか?





 

独自の発達を遂げた伝統の陶芸

ブルガリアの陶芸の起源は、7世紀末の建国の頃にさかのぼり、
数多くの伝統文化を融合しながら、独自の発達を遂げてきました。

とくにブルガリアを東西に走るバルカン山脈中央部の
トロヤン地方に伝わるトロヤン陶器は、
地元で採れる粘土の質の良さや特徴のある伝統的な模様や色、
バラエティに富んだ形のもつ温もりのある美しさから、
ブルガリアの代表的な陶器として注目されています。


ひとつひとつ手作業で描かれるマーブル模様

トロヤン陶器は同じものがふたつとありません。
絵の具を落とし、串で伸ばして描かれる独特のマーブル模様は
ブルガリア語で「トロヤンスカ、カプカ=トロヤンの雫」と呼ばれ、
19世紀の著名な画家が描いた教会の壁画が基礎となって
受け継がれてきたといわれています。



細いカギのような筆を使って上下にのばしたり・・・



大きめのスポイトでマーブル模様を入れていったりします。



 

普段使いにおすすめのモノトーンシリーズ

トロヤン陶器は何色も使い、カラフルな絵付けが特徴なのですが、
ラクダ印食器店では普段使いにおすすめのモノトーンシリーズをご紹介します!
プレート、ボウル、カップ&ソーサーいずれもホワイトとブラックをご用意しているので、
ペアでお使いの場合は1色ずつにするのもオススメです!




ぬくもりを感じるテラコッタ

器の釉薬をかける前の素地がテラコッタなのもとっても魅力的!
この赤茶色にぬくもりをかんじますよね。
画像では伝わりにくいですが、カラー展開はホワイトとブラックの2色なのですが、
ホワイトは少しクリームがかった色、ブラックは真っ黒ではなく
アンバーやダークブラウンといった焦げ茶色なんです。
この2トーンとレンガ色がマッチするんです♪

カップ&ソーサーにコーヒーをいれて、クッキーを添えれば
ほっこり心が安らぐカフェタイムを過ごせますよ!

 

スイーツにもお料理にも

おいしいパン屋さんでかってきたパンを温めてのせるだけでも
こだわりの雰囲気がグッとでてきます。
モノトーンの器なのでどんな料理にも合いますよ。
写真はハムなんですが、イタリアンパセリ、オリーブやブラックペッパーを
散らしただけでもお洒落な一品に。パセリのグリーンが映えますね。





こちらはレンズ豆のおしるこ。ほっとしますね。  
【トロヤン陶器 モノトーンシリーズ】
 
モノトーン プレート(ブラック/中) モノトーン プレート(ホワイト/中) モノトーン プレート(ブラック/小) モノトーン プレート(ホワイト/小)
モノトーン ボウル(ブラック/中) モノトーン ボウル(ホワイト/中) モノトーン ボウル(ブラック/小) モノトーン ボウル(ホワイト/小)
   
モノトーン カップ&ソーサー(ブラック) モノトーン カップ&ソーサー(ホワイト))