無題ドキュメント

骨董の器



[明治・大正・昭和の イロトリドリ]
同じものが2つとない ムラや歪みが愛着に!


骨董交換会を中心に仕入れていますが、「蔵にずっと眠っていました」と言わんばかりの品物が多いのです。明治中期以降は転写技術も発達し日常使いの皿としてこういった皿が庶民に出回りました。当時の「普通」も今使ってみると「レトロ」や「おしゃれ」と感じられるのは時の流れがなせる業かもしれません。色の濃淡や形が一つ一つ微妙に異なる器を「個性」と捉えると、愛着をもって使える器になると思います。



印判皿・染付皿・骨董の特徴について

江戸から近代の器

111商品

おすすめ順 価格順 新着順

111商品 1-12表示
111商品 1-12表示