無題ドキュメント

ウレタン塗装と無塗装って?
愛らしいラオスの “手彫りのカトラリー”


こんにちはラクダ印食器店です。
今回ご紹介する器はラオスから届いた“愛らしいフォルムの手彫りカトラリー”です。
工場の風景と、塗装・無塗装別にご使用の注意点をご紹介いたします。
 
 

 

「世界で一番行きたい国」第1位にも選ばれているラオス

ニューヨーク・タイムズの「世界で一番行きたい国」第1位にも選ばれているラオスは 国土の約70%は高原や山岳地帯でタイやミャンマーなどと隣接しています。
かつてはインドシナの戦火に巻き込まれたラオス。またアジアの経済危機の影響をストレートに受け、 海外からの経済援助に頼っていますが、人々の心は常に豊かでほほ笑みを絶やさない国なのです。自然豊かで日本の原風景を感じる・・・なんて言われていますよね。
 
 
 

こちらは職人さんたちが働く工場の写真です。



以外にも女性の職人さんが多いようです!
私だったら汚れてもいい作業服で作業しちゃいそうですが、 作業中もおしゃれに気遣う感じ・・・ なんかいいですよね。


 
手彫りの作業中。細かく細かく掘り進めていく感じは、 職人の技と根気がいりそうですね。

 

素材について(花梨・ラオス松) 


・花梨は木質が硬く 粘りがあり他の木との違いは狂いや割れが少ない安定した素材です。 
・ラオス松は 日本のアカマツに似ていますが 赤松以上に真っ直ぐで長い丸太が多く、柾目がよく 木目と色合いが美しく 表面が硬く狂いが少ない素材です。

花梨、松ともに限りある天然木のため 現在では伐採量も少なく入手が段々困難になっています。
ラクダ印食器店で扱っているカトラリーの工場では自然環境を守るためにも 花梨の刺身の部分だけ利用するのではなく、枝から根っこ(魚に例えるならば 頭も 内臓も 目玉も 骨も)も利用し、更に鋸屑、削りかす、樹皮など乾燥炉の燃料として全て利用しているそうです。



 
 

木の良さを活かすウレタン塗装と
木をそのまま感じる無塗装 





※左が無塗装、右がウレタン塗装です。

ラクダ印食器店で取り扱っているラオスのカトラリーは
無塗装とウレタン塗装をご用意しています。
以下の取り扱いのご注意をお読みの上お使いいただけると、より長持ちしてお使いいただけます。

 

ー塗膜が薄く艶がきれいな拭きウレタン塗装ー


ウレタン塗装は 木の良さを活かす為 "拭きウレタン塗装" をしています。
食品検査に合格している塗料を使用しているので安心してお使いいただけます。
無塗装に比べ色が濃く、程よくツヤがあるのがわかるでしょうか。
一般的に木製のカトラリーにはこのようなウレタン塗装が施されています。

ー木本来の感触を活かした塗装法ー
この塗装方法は ウレタンを木の表面へ浸透させ拭き取っただけの塗装の為、
厚塗りのテカテカのウレタン塗装と違い、塗膜が薄い為木本来の感触を活かした塗装法で
木本来の感触を楽しむことが出来ます。

ー無塗装と比べた時のメリットー
ふきウレタン塗装は、無塗装(木地)のものより水分や食べ物の汁が入りにくく
無塗装のものより取り扱い易く手軽に使う事ができます。

ーご注意いただきたい点はー
塗膜が薄く、木の良さを生かした塗装ですが 塗膜がうすい分 木が呼吸している為、水分が出入りしたり香りが出て来ます。使用後はなるべく早く洗浄と乾燥を必ずおこなってください。

 

ー木そのままを感じる無塗装ー 


ー木そのままなので塗料を気にされる方におすすめですー
塗装アリの商品は食品検査に合格している塗料を使用し、極力塗料を減らす"拭きウレタン塗装" 
をほどこしていますが、やはり化学物質であるウレタン塗料を気にされるお客様もいらっしゃいます。そのような場合ご自身で塗料を選ばれたり、植物油でお手入れ可能な無塗装がおすすめです。

 

無塗装の木地に食用油を塗って使用する場合

使う前に食用油(オリーブ油 葡萄の実油 椿油 その他)などを木に染み込ませてよくふき取ってから使用すると、汚れが入りにくく、過乾燥になって変形したり割れたりが少なくなります。
食べ物にご使用の食用油のにおい等が付くため、その点を考慮して使用して下さい。
使っていると食用油の匂いは減少します。
使用を重ねると油分が抜けてきますが、その時は良く洗浄・乾燥させて、汚くなったり毛羽立っている時は目の小さいペーパーで研磨してから再度食用油を塗ってください。

 

無塗装の木地のまま使用する場合

木地のまま使うと、カップ・椀 等の容器の場合、割れたりひびが入り易いため注意してください。
又熱い汁物やご飯類を入れると変形・割れ・ ひびが入り易くなります。
特に松については割れ・ヒビが入ったりし易い特性のため注意してください。
長く水につけると木がふやけて変形したり割れたりヒビが入ります。
カップなど木の断面は、木の導管を通って水・ワイン・飲料水が器の外へ染み出します。
使う前に一度水に漬け、すぐ引き上げ乾いた布でふき取ってから使用すると
水分が浸透し汚れが染み込みにくくなります。
木地のまま使い込んでいくと 独特の色合いになります。




手彫りの温もりあるカトラリーをぜひお試しください!

【ウレタン塗装のカトラリー・カップ】
小ぶりなカリンスプーン カリンスプーン 大きなカリンスプーン プリンを食べたいカリンスプーン
カリンフォーク 小さなカリンメジャー カリンメジャー 大きめのカリンメジャー
カリンレンゲ&サーバー カリンレンゲ&サーバー穴開き 松の納豆椀(握り玉付) 松の手彫り茶碗

【無塗装のカトラリー・カップ】
小ぶりなカリンスプーン(無塗装) カリンスプーン(無塗装) 大きなカリンスプーン(無塗装) プリンを食べたいカリンスプーン(無塗装)
カリンフォーク(無塗装) 小さなカリンメジャー(無塗装) カリンメジャー(無塗装) 松の手彫り茶碗(無塗装)